大学について①「私学の雄」について

これまでこちらのブログでは音楽や政治経済などについて語ってきたのですが、「教育」というテーマは音楽にも政治経済にも広く関わってくる分野だと思います。特に、高等教育、すなわち大学での教育は、専門性や研究力を高めるための教育という意味で、重要な分野だと言えるでしょう。教育について抽象的に語るとなると教育学の知識が必要となってくるのですが、具体的な教育機関のあり方については、歴史や存在意義などさまざまな角度から論じることができると思います。今日はそのような観点から、「大学」というものについて語ってみたいと思います。

日本を代表する高等教育機関と言えば、国立の東京大学がもっとも有名です。東京大学は、東京帝国大学を起源とし、明治時代からエリート養成校として日本社会に君臨してきました。大日本帝国は、1886年(明治19年)に帝国大学令を公布し、帝国大学(東京帝国大学)を設立しました。その後も日本は、京都帝国大学(現京都大学)、東北帝国大学(現東北大学)、九州帝国大学(現九州大学)、北海道帝国大学(現北海道大学)、大阪帝国大学(現大阪大学)、名古屋帝国大学(現名古屋大学)という順に、次々と帝国大学を設立していきました。東大、京大、東北大、九大、北大、阪大、名大、という7つの名門大学は、現在も「旧帝国大学」として知られています。東大をはじめとする旧帝国大学は、官僚や学者、法曹、政治家、実業家など、日本社会のエリート層を輩出し続けてきました。一方、戦前の日本には私立の高等教育機関(私学)も多く設立されていました。しかし、これらの私学は設立当時「大学」として認可されておらず、不安定な立ち位置にいました。このような状況のなか、1920年に「大学令」が出され、ある2つの私立大学が正式に「大学(旧制大学)」として承認されることになりました。その2つが「早稲田大学」と「慶應義塾大学」です。この2校に続いて、さまざまな私立大学が正式に大学となりました。

このように私立の大学は「大学」としてのスタートが旧帝国大学よりも遅く、地位としても不安定でした。しかし時代が下るにつれて、私立大学、特に早稲田と慶應の影響力は増してきました。現在ではこれらの大学は「早慶」や「私学の雄」と呼ばれ、東京大学に次ぐ影響力や入学難易度を持つようになっています。数ある大学のなかでも、なぜこの早稲田と慶應という2校が力を持つようになったのか。本日はそれを明らかにするべく、これら2校について論じてみたいと思います。

まず、早稲田と慶應に共通する事項から書いてみたいと思います。これらの大学の最大の強み、それは東京にあるという地の利だと考えられます。現在の日本では経済や政治、人口が実質的な首都である東京に一極集中しており、それらをすべて享受できる立地は重要です。この利点を生かして、早稲田と慶應は優秀な学生を有利に獲得してきたと言えるでしょう。また、2校の学生は卒業後にさまざまな業界で活躍しています。早慶ともに政財界や法曹界、文学界など各界に有力な人材を輩出してきたのですが、実は両校には得意分野のようなものがあります。早稲田は伝統的にジャーナリズムや文学などに強く、慶應は財界との結びつきが特に強いとされています。とはいえ、政治家や法曹といった日本社会の中枢を担う人々は、早稲田からも慶應からも数多く輩出されています。さらに、学生数も無視できない要素です。早稲田は約5万人、慶應は約3万人の学生数を有しています。これは東大を始めとする国立大学よりも多く、私立大学は「数の力」で勢力を伸ばしてきたという事実もあります。このように、早慶は各業界に散らばるOBと卒業生の数でその影響力を固めてきました。それを強固なものとするために重要な機関が「同窓会」と呼ばれる卒業生の団体です。特に、慶應出身者で構成する「三田会」は非常に強力な組織だと言われており、卒業生同志の結び付きも固く、各業界に影響力を持っています。早稲田の同窓会は「稲門会」と呼ばれ、三田会ほど強固な結び付きではないものの、卒業生の多さからその影響力も強いと考えられます。「三田会」や「稲門会」といったいわゆる学閥は、各業界や企業、地域にも存在し、あらゆるコミュニティに影響力を持っています。さて、次に早稲田と慶應それぞれの歴史や特徴を書いていきたいと思います。

早稲田大学は、元内閣総理大臣の大隈重信により、1882年に東京専門学校として設立されました。設立当初は政治経済学科、法律学科、理学科、英学科が設置されており、現在の政治学部、法学部、理工学部、文学部との起源となっています。特に政治経済学部はイギリスの学問を参考にしたユニークな学部として知られ、現在に至るまで早稲田の看板学部となっています。現在は政治経済学部、法学部、文学部、商学部、教育学部、社会科学部、文化構想学部、人間科学部、国際教養学部、スポーツ科学部、基幹理工学部、創造理工学部、先進理工学部の13学部を設置しています。早稲田は大規模校であるため、メジャーな学問からマイナーな学問まで、さまざまな分野の勉強、研究ができることが強みでもあります。大隈重信は現在まで創立者として重要な存在で、大学内にある大隈重信像は非常に有名ですね。この大隈重信像に登った学生は退学に処されるという説があり、畏れられています。

早稲田の建学の精神としては、「学問の独立」「学問の活用」「模範国民の造就」が知られています。特に有名なのが、「学問の独立」ですね。官僚など国家機関のエリート養成を目的として創設された帝国大学に対し、私学の使命として、国家から自由に研究や学問を追求し、それを通して世界に貢献することが目指されています。また、早稲田の理念は「在野精神」「反骨の精神」と呼ばれることもあります。これは権力に満足し権威におもねることなく、ときにはそれらに反抗しながら研究・教育を行っていくという精神です。「学問の独立」は早稲田において非常に重要な理念なのですが、近年早稲田は国家機関や省庁との癒着がささやかれており、この理念が脅かされているという声も出てきています。今後の動向が注目されます。

「同窓会」については前述しましたが、早稲田の同窓会は「稲門会」と呼ばれています。「稲門会」は規模も大きく、あらゆる業界、世界各地に強い影響力を持っているのですが、慶應の「三田会」と比較すると、その影響力は限定的と見られています。早稲田大学卒業生の傾向として、愛校心や団結力よりも自立心や開拓精神の強い人々が多いと言われており、これが卒業生のコミュニティにも反映されていると考えられます。あらゆる業界のあらゆる企業に早稲田の出身者は存在していますが、殊更出身校を強調する人はあまりいません。

慶應義塾大学は、『学問のススメ』で有名な福澤諭吉によって1858年に創設された蘭学塾が源流となっている大学です。1890年に大学部を開設し、当時の学科は文学・理財・法律でした。慶應義塾は早稲田と比較すると小規模な大学ですが、法学や経済学など、社会の基幹となる社会科学分野に強みを持ちます。また、早稲田にはない名門の医学部を持つことは特徴であり強みでもあると言えるでしょう。現在は、法学部、経済学部、文学部、商学部、医学部、理工学部、総合政策学部、環境情報学部、看護医療学部、薬学部の10学部を設置しています。

慶應義塾の塾訓としては、「独立自尊」が有名です。これは「権力に盲従せず、自己の尊厳を保つこと」を意味します。慶應の塾訓と早稲田の精神はかなり似ていますね。早慶がライバル関係にあることから、福澤と大隈もそのように見られることがありますが、実際二人は戦友として友好な関係にあったと言われています。そのため、同じ私学として類似した精神のもとに創設されたことは偶然ではありません。

慶應義塾の同窓会が「三田会」だということはすでに述べました。また、前述の通り三田会は稲門会よりも強力な組織であることが知られています。これを裏付ける理念として、福澤の提唱した「社中協力」があります。これは、慶應の教員や塾生が助け合い協力することを意味します。このような精神のもとに運営され、卒業生の団結力を高めているのが三田会なのです。卒業生の性質としても、慶應の卒業生同志は団結しやすいことが知られています。一般論ではありますが、「団結の慶應・一匹狼の早稲田」、という構図が良く取り上げられています。

さて、本日は、「私学の雄」と称される早稲田大学と慶應義塾大学について解説してみました。両校の建学精神や塾訓は、「学問の独立」、「独立自尊」であり、どちらも「独立」を重要視していることがわかります。ここには、戦前の帝国大学が官僚やテクノクラート(技術官僚)といった国家エリートの養成を目的としており、独立して純粋に学問研究のできる機関が必要とされていた事情があります。そして「独立」を理念とする私立大学が創設されたのですが、現在の立ち位置は必ずしもその理念に適うものとは言えないかもしれません。早稲田と慶應も実質的には、政治家や法曹、実業家といった権力者の養成校となっており、文部科学省などの国家機関による干渉も受けるようになってきています。そこには、国からの補助金を受け取らなければ支障がでてしまう、という大学運営の困難さがあり、私立大学は独立を守るために国家と自由のあいだで微妙なかじ取りを強いられている状態だと言えるでしょう。とはいえ、国や社会が真の意味で豊かであるためには、権力に抗い、真実を追求するための学問の場が不可欠です。反対意見が弾圧される国家では、人間社会を豊かにするためのアイデアも黙殺されることになるからです。そういう意味で、早稲田や慶應の「独立」という理念には重要な価値があったのであり、このような価値を後代に残すためにも、大学にはそれを守る責任が問われています。

ABOUTこの記事をかいた人

武蔵野音大卒の声楽家。様々な芸能技法を武田梵声氏に師事しており、音域は8オクターブ(E-1〜E7)に及び、コロラトゥーラなども得意とする。日本とイギリスのハーフで、スペインやベネズエラの血も入っている。人類史上最高の歌手を目指して日々ストイックなトレーニングを重ねている。