ヨーロッパの国家④アイスランド・グリーンランド・フェロー諸島

理想的な国家として日本社会で注目を浴びるようになっている北欧ですが、こちらのブログでもスウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドという北欧4ヶ国をすでに取り上げています。「北欧」の定義には、実は複数のものが存在し、どこが北欧なのかは一概に言えないのですが、少なくとも上記4ヶ国は必ず北欧に含まれると言えます。一般的な「北欧」の定義としては、「北欧理事会」加盟国を指すものがあるでしょう。北欧理事会についてはすでに少し書きましたが、これは北欧諸国の連帯や協力を目的とする理事会で、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドに加え、アイスランド、グリーンランド、フェロー諸島、そしてオーランド諸島が加盟しています。本日は、北欧のうち、まだこのブログで取り上げていないアイスランド、グリーンランド、フェロー諸島について書いてみたいと思います。北欧が一般に知られるようになった現在でも、これらの地域についてはあまり知らない方が多いのではないでしょうか。

アイスランド、グリーンランド、フェロー諸島、と並べて書きましたが、国際的にはこれらの地域のステータスは一元的ではありません。アイスランドは主権国家であり、一方グリーンランドとフェロー諸島はデンマークの自治領となっています。ただ、北欧理事会に単独で加盟していることからもわかるように、グリーンランドとフェロー諸島もデンマーク内で比較的高度な自治権を享受しています。人口数万人の島々に自治権を与えているというのは、民主主義の成熟した北欧らしさと言えるかもしれません。

地図で見てみると、アイスランド、グリーンランド、フェロー諸島、いずれもスカンディナビア諸島よりもさらに北部に位置しています。フェロー諸島はノルウェーの西部、イギリスの真北に位置しています。そして、アイスランドはフェロー諸島からさらに北西に進んだ場所にあります。グリーンランドは、アイスランドの西に位置するかなり巨大な島ですね。グリーンランドは地図で見るととても大きく、島と言うより大陸のようにも見えます。しかし、オーストラリアよりは小さく、「世界最大の島」として知られています。

アイスランド、グリーンランド、フェロー諸島をまとめて取り上げたのは、いずれもかつてはデンマーク領だったためです。このうち、アイスランドは19世紀以降自治権を拡大していき、1918年に独立しました。グリーンランド、フェロー諸島はデンマークに留まっているものの、自治政府を持ち、高度な自治権を獲得しています。グリーンランドでは独立の機運も高く、自治の拡大が進んでいます。

言語についても見ておきましょう。アイスランドの公用語であるアイスランド語は、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群に含まれ、デンマーク語、スウェーデン語、ノルウェー語など近い関係にあります。アイスランド語は北ゲルマン語のなかでも非常に古い形態を残す言語として知られており、中世の面影を感じさせる言語でもあります。フェロー諸島の公用語であるフェロー語も、アイスランド語と同じく北ゲルマン語群に含まれ、アイスランド語の影響を受けています。フェロー諸島ではフェロー語のほか、デンマーク語も公用語となっています。グリーンランドの公用語であるグリーンランド語は、ヨーロッパ系ではなく、エスキモー系の言語です。そう、グリーンランドの主要住民はヨーロッパ系ではなく、カナダ北部やアラスカの住民と同じく、カラーリットと呼ばれるイヌイットの人々なのです。このように、アイスランドとフェロー諸島は言語的に共通点があるものの、グリーンランドはかなり異なっているのですね。歴史的にデンマークの支配を受ける植民地だったグリーンランドですが、自然が厳しく入植が難しかったこともあって、現在でも人口の9割近くは先住民であるカラーリットの人々が占めています。

人口に着目すると、アイスランド、グリーンランド、フェロー諸島いずれも気候や自然が厳しい土地であり、人口が希薄な地域となっています。アイスランドの人口は約30万人。3地域のなかではもっとも多い人口ですが、例えばヨーロッパの小国エストニアの人口が130万人を超えていることを考えれば、とても少ないことが分かります。アイスランドの首都はレイキャビークで、レイキャビーク市内の人口は12万人。さらに、レイキャビーク首都圏の人口を合わせると21万人にもなり、人口のほとんどが首都の周辺に集中していることが分かります。これは自然の厳しさゆえか、とも思われますが、実はアイスランドは海に囲まれていることもあり、冬の寒さはスウェーデンなどよりも穏やかと言われています。グリーンランドの人口は約5万6千人です。グリーンランドが世界13位、日本の5倍以上の面積を持つ広大な地域であることを考えると、かなり過疎地帯であることがわかります。首都のヌークは島の南部に位置しており、人口は2万人です。ヌークの平均最高気温は夏でも10度程度となっており、さすがにアイスランドとは違い寒さが非常に厳しい地域であることがわかります。フェロー諸島の人口は約4万8千人とかなり少ないですが、フェロー諸島自体が小さな島々なので、グリーランドほどの過疎地帯ではありません。フェロー諸島の首都はトースハウンで、北欧らしいかわいらしい家々の立ち並ぶ美しい街です。トースハウンの人口は約1万9千人となっています。

政治体制についても、分かる範囲で触れておきましょう。アイスランドは「世界でもっとも汚職の少ない国」として、理想的な北欧の国の代名詞のように取り上げられることが多いです。アイスランドの元首相ヨハンナ・シグルザルドッティルは、同性愛者であることを公表し、女性パートナーと同性婚したことで知られています。これは世界初のことであり、アイスランドの先進性を示すエピソードとしてよく知られています。アイスランドは北欧理事会に加盟しながらも、EU(ヨーロッパ連合)には加盟していません。ノルウェーやスイスなど、他のヨーロッパ諸国と同じく、EU加盟には慎重な態度を示している国家として知られています。かつてはEU加盟を目指していましたが、現在では加盟しない方向に収束しているようです。

グリーンランド、フェロー諸島はデンマークの自治領ですが、グリーンランドが「ランスティング」、フェロー諸島が「レクティング」と呼ばれる独自の議会を持っています。さらに、グリーンランドとフェロー諸島はデンマーク王国の議会である「フォルケティング」にも議席を有しています。デンマーク王国は、イギリスやフランスなどかつてのヨーロッパの帝国と同じく、植民地を手放したり残留させたりした結果として、複雑な統治機構を有しています。デンマーク王国のなかに、デンマーク、グリーンランド、フェロー諸島という3つの地域が存在し、それぞれが議会を持ち、外交権を含めた自治権を有しているということになります。そのため、デンマークはEUに加盟しているものの、グリーンランド、フェロー諸島は非加盟という複雑な状況になっています。憲法はデンマーク王国憲法という1つの憲法が王国全域に適応されることになっています。デンマーク王国憲法によれば、デンマーク王国は立憲君主制国家であり、現在の国王は女王マルグレーテ2世です。

ABOUTこの記事をかいた人

武蔵野音大卒の声楽家。様々な芸能技法を武田梵声氏に師事しており、音域は8オクターブ(E-1〜E7)に及び、コロラトゥーラなども得意とする。日本とイギリスのハーフで、スペインやベネズエラの血も入っている。人類史上最高の歌手を目指して日々ストイックなトレーニングを重ねている。