曲目解説 ライブ作品《誉》-自己愛と境界例- ❼愛妻技能(秘蔵音源付き記事)

概要

僕の中でもトップクラスに人気なこの曲は、このライブ限定の曲となっており、この宇宙が誕生してからの構造に恋愛現象が影響していることと、西洋物理学は実際の物理現象とは大きく異なっているという過ちに関して、主張しています。つまり、宇宙の捉え方を問い直し、正しく愛しましょう。という曲です。

冒頭の「法螺」は螺旋構造を表しており、この宇宙の組織がこの形状をとることに関しての現在の物理学の主流の理解が適合しないのは物理現象と物理学が乖離している為です。そもそもこの宇宙の理解に関して乖離しているからあらゆることを間違うのです。

歌詞解説

【愛妻技能 – あいさいテクノロジヰ】

法螺・愛妻 – テクノロジヰ 生(せい)は一瞬だけなの

螺旋構造を作る誕生した宇宙を理解し、今回の人生を正しく楽しもう

なので苦しい時にも麗しいのよ ポケツトの穴でさえ

崩壊と再生が同時に起こっていることがわかれば、全てが美しく見えるのよ

君の、その気持ちは 夕暮れに消え去ってしまう

君もいつかはいなくなってしまうから

だから味わいたいのよ 哀しい話だって笑いませう?

今回の人生は楽しみましょう。(XX。Xで古代の何世代もの記憶を獲得している)

なんでこんな事しちゃったんだろ?こんなぢゃ、人生を愛せないじゃない!

なんで俺はこんな変なヤツなんだろう。ただ幸せになりたいだけなのになあ!

あなたの側に居たい、だけなのに すぐ、時間たら僕らを遊ぶのよ!

うまく愛したいだけなのに宇宙の創造まで理解しないとできないの?!ああ、また時間が経ってしまった。。

わたし・後悔 – トポロジヰ それは革命してしまう

何億年も祖先に繰り返されてきた未練の記憶を引き継いだ私

去らばこれまで生じた哀しい日日よ ダラシナ・遺伝子ね

こんな簡単なこともできないなんて、だらしない祖先ね

君の、その気持ちは 夕暮れに消え去ってしまう

君もいつかはいなくなってしまうから

だから嗜みたいのよ 心と体、手のひらの穢れ迄

身近にある美(エントロピー崩壊や穢れなどのこと)を楽しみましょう。

愛せ今生の全て 許せ生命の罪を 色即(だって)

今までの祖先ができなかったことをして、今回の人生は愛を識って楽しむもん。

現世は僕らが愉しむ為に 用意実施済了?(用意されてんでしょ?)

だって、この世って神様が遊ぶところでしょ?

温め遭つたらヱコロジヰ 我らは聖なるマイノリテヰ

愛情はエントロピー逆行の力がある、私たちマイノリティはそれを識っている

愛したいのよ あなたの人生の全てを

愛したいのよ あなたの人生の全てを

咲キ誇ツテ 仕舞ヱ!

一緒にエンジョイしましょう!

ボツになった後奏コーラス

結構気に入っていたのですが、ライブでコーラスができないのでボツに><;

-愛シ遭ツテ開ヰタ 須ク 僕らはこの地球を逃避行(ランデヴ)

オ・天ノ向カフ 海ノ底 宇宙の果て迄も 欲深く

全部あの日のせい 全ては全部あの花のせい

ねえママ、優しくされると嬉しいのって どうしてなんでしょう?

曲の作り

まず、重要なのは冒頭部分(Aメロ)の伴奏が上下運動を繰り返しているところです。これは「くたびれ」の技法を使っては戻し、使っては戻しを繰り返すことによってエンドロピーと反エントロピー、つまりは崩壊を再生 – ほととぎすvsエコロジヰを表現しています。

最後らへんで静かになってから、「温め遭つたらエコロジヰ♪」と歌うところなど、通常は「くたびれ」の技法を使うと、そこから遠くの和音に飛ばないと進行感が生まれないのにも関わらずベースラインで「逆・流し」を入れて「逆・着水」しているので進行感を保ったまま一番盛り上がるサビを形成しています。

このように、和音が持つ進行感を使わずに、各パートの作曲の技能を使って進行感を作ることができると、和音が関係なくなるので、「PINE」や「外套」のように同じ和音でのサビ形成が可能となります。

というか進行感なんて音の置き場所(リズム)で横ノリと縦ノリを組み替えて作るべきであり、和音が持つ進行感を使うから大きな制限が生まれてしまうのです。