曲目解説 アルバム「ギルバート慶と世界創造」❶全ての始まり

初めに

このアルバムは出産〜父子関係をテーマにしたもので、和音がストーリーに合わせて展開していき、1時間の映画のように楽しんでいただける作品となっております。

最初の曲「全ての始まり」や「自由自在」「あなたは宇宙」で使われているループコード「自由自在コード」を展開して、どんどんと曲が進んでいきます。よく聴いてみると、全ての曲が繋がった1つの曲になっていることがお分かりだと思います。さて、最初は「全ての始まり」について解説していきましょう。

曲の作り解説

この曲は、オープニング曲であり、自由自在へと自然に導入するための曲です。これがあることによって、映画のような始まりにできたと思います。最後の「あなたは宇宙」で語りと和音が再度出現し、統一感のある作品に仕上がりました。伏線をしっかり回収して緻密に制作されております。

また、曲がオペラとなっていて、これは父親の声を表しております。僕には父親が居ないので、自在に表現することができました。今作は雇はれ蚕のように複雑なストーリーが並行するというよりは、あくまでも父子愛や幼児期の懐かしい記憶をテーマにしております。雇はれ蚕は母子関係で、こちらは父子関係なわけです。

歌詞解説

I know your mind.feel your heart by my hands.(わかってるよ、お前の気持ちは。手に取るようにね、ほら)という歌詞で始まり、これは父の声を表しています。全体としてキリスト教がベースにある作りとなっており、父は同時に神様を表し、罪悪感や救済、世界崩壊から再創造がテーマになています。

しかし、この最初の「わかっているよ、お前の気持ちは。」という父なりの愛情には納得いかず、2曲目の自由自在で出生自体を罪に問い、反論します。

とりあえず僕にとっての父とは必ずしも善の存在ではなく、納得しないまま世を彷徨い始めます。