うつの具体的な治療法を述べます。❷

栄養療法

理想は分子整合医学の検査を受け、治療を受けることです。高額なサプリメントを売ってくる医者も多いので、必要な栄養だけ教えてもらってサプリはiHerbとかで自分で買うとコスパ最強です。

さて、それには時間がかかるので、とりあえず自分でやって結構マシになるものを載せます。おすすめです。また、僕も色々な方にアドバイスも貰って見出したもので、鬱治療業界では結構有名なバランスだったりします。(逆にいうと鬱になる人はこれらが枯渇しやすい)

❶ホエイプロテイン体重×1.0~1.5g
→体や脳の組織、脳内物質を作るのに必要なアミノ酸
❷ビタミンB群
脳内物質や疲労回復に大きく関わる回路に必要です。
❸ビタミンC
日本人は圧倒的に不足しており、脳の代謝や抗炎症に不可欠です。
❹マグネシウム
(経費吸収でしか必要量を摂取しにくく、クリームやエプソムソルト)
❺亜鉛(場合によっては鉄も)

❻マルチミネラル

❼質の良いエゴマ油&オリーブ油を同時摂取

❽アスタキサンチンやαリポ酸など
強力な抗炎症物質をとる

❾カルシウム
日本人に枯渇しており、カルシウムが不足すると脳内で炎症が発生します。

らへんを摂取すると良いでしょう。不安な場合は、分子整合医学の結果を見て決めると良いでしょう。これは、普通の人だったけど鬱になった人むけで、難病や虚弱体質、発達障害が根底にある人はプロテインで下痢したりして、まずこれができません。

まずこれらの栄養を使うための経路が使えていない場合が多いので注意して実施してください。その場合は、ご相談ください。

また、この状態で、砂糖、小麦粉などの毒物は摂取を一切やめ、なるべく牛乳もやめ、植物になった気持ちで気持ちよく日光浴をすると❼が脳組織を形成し始めます。低血糖症も併発している場合は糖質制限を加減しながら実施してください。そもそも鬱ではなく、代謝できない物質を摂っていて体がボロボロな可能性もございます。

サプリのそれぞれの量はボトルや袋の量をとりあえず摂ると良いでしょう。

これでも治療のための必要量にはかなり少ないとは思いますが、不安だと思うのでとりあえずこれだけ摂ってればダメージ量よりも回復量が上回るので良いでしょう。

まとめ

急いで治さなくて良いので、回復スピードがダメージスピードを上回る状態まで持っていけば、待ってればいいだけですから勝ちゲーです。急ぎたい場合は色々検査してこだわっても良いですが、とりあえず勝ちゾーンまで到達して勝ち確してしまうと安心です。

完治しないと言われて、一生鬱と付き合っていくという説は間違いであり、一般の精神病院の治療(間違っている場合)よりも急速に治るはずです。リスクなどほとんどないので、やってみてください。

筋トレとか考え方とか関係ないので、ゲームとかして遊んで時が過ぎるのを待つのが最善です。役に立たない度が高い行為は回復度が高い傾向にあります。

あなたに訪れたパラダイスだと思ってエンジョイして休みましょう。